Discography

  • onearth_jacket_discography
  • yorunominnna_jacket
  • one_more_earth
  • onknnkm
  • single_03
  • single_02
  • single_01
  • morg
  • telephone

on Earth

収録曲目

1. KANPAI
2. Life on Earth?
3. 猫の恋
4. トルクメニスタン
5. さらば! 魚
6. ハッピーバースデー
7. エレキテル
8. 雨があがったら
9. いつもの時間
10. カッパ・キューカンバー
11. 夜のみんな
12. 桜クラクラ  13. シャラララ

薄暗がりで目が合った瞬間にすっかり僕は駄目になってしまって、爾来、君に言わせたい言葉がある。僕は君にそれをイタリーで乾杯をする際に恥ずかしがりながら言ってほしい。「へへっ、ただの乾杯だよ?」と言ってニヤニヤといやらしく僕は笑うだろう。じゃ、明日からイタリー行こう!というわけにもいかない現状が甚だ遺憾だけれども、生まれて死ぬまで骨になるまで星になるまで生きていれば、あるいは実現するかもしれない。僕はあなたの生を祈る。
初春には、発情して赤子のように鳴く猫になって欲望のままに子孫を残したいと思った。子孫も一緒にイタリーへ連れて行こう。しかし、はて、もしもトルクメニスタンに行ったら何を食べたらいいのか?という、これ以上の杞憂はないだろうという杞憂に悩み、どこにいても何を食べても僕たちの魂は震えているさ!と悟った。
また或る日、魚になればいつでもどこでも行けると気づき、息の仕方も忘れてエラ呼吸で信じていない神様に「アーメン」と祈った。本場っぽく言えば「エイメン」かしらとも思ったけれども、どうせエラ呼吸、声には出ない。君の声も忘れるだろう。いくつになったかも忘れるだろう。それでも年に一回、生まれてきてくれたこととまた生きて新しい歳を重ねてくれたことを言祝ぐだろう。
自分でも自分の「気持ち」をすべてわかりはしないもので、いつも気持ちを伝えるのは困難である。歌を詠んでも、あとになって自分で「ははぁ、こういうものか」と気づく。このように、雨があがるように気持ちも変わって、言葉の意味もいつの間にか変わってしまう。同じような朝の積み重ねなのだけれど、いつのまにやら季節はめぐり、いつのまにやら魔法は解ける。
なので、たまにはカッパになった心づもりでカッパラップでラブレターを書いてみたり、春の間抜けな陽気に身を委ねて、フワフワフワフゥー!などと言ってみたりする。
バカバカしいこと、くだらないこと、どうしようもないこと、それらすべてを抱きしめて、君と僕はシャラララなんて歌いながら死ぬまで生きるのだろう。いつかイタリーで乾杯することを夢見て、この星のすべての人の生を祝って、Cincin!(へへっ、ただの「乾杯」だよ?)

今回もstudio SIMPOでレコーディングからマスタリングまでお世話になりました。「トルクメニスタン」と「シャラララ」に、サックスでケンケンこと山本健二くん(ヤマモトケンジ&ヒズ・ラッキーフレンズ)と、トランペットでまちょみくすさん(すだじいランド、hicoband)に参加してもらいました。「KANPAI」では、石像の同期のYuyさん(Secret Messenger)に手伝ってもらいました。ジャケットはボナさんにデザインしてもらいました。写真は子どものころの藤谷と祖父です。
レコーディングには結構時間がかかって、最後は毎度のことながらコイズさんにしわ寄せが……。いつもありがとうございます。今回こそ労をねぎらってチンチンしなくては!
っていうか、前回の小咄の最後に「チンチン!」って言ってますね。すっかり忘れていましたが、前フリしてたんですね。ちなみに僕が初めて「乾杯=チンチン」と知ったのは大学生のときにこの曲を聴いたからでした。

夜のみんな

収録曲目

1.夜のみんな
2.しょんべん
3.CM
4.ハッピーバースデー~言祝編~

ライブ会場限定販売シングルです。
なくなっても増産しないので、お早めにお求めください。

もうひとつの地球

収録曲目

1. ビートルジュース
2. かなりサンデイ
3. 一万年の果て
4. 昼下がり
5. 光あれ
6. サンダル
7. 青春期少女
8. 私を拉麺小路に連れてって〜Take Me Out to the Ramen-Koji〜
9. ハバナイスデー
10. 私はきっと忘れます

絶妙に取り上げられたゆで卵の地上のものとは思えないやわらかさ!その感触は失われた記憶をありありと甦らせた。
屋根裏部屋がまだ春だった頃、過ごしやすい気候で紅茶を飲んだある日、やわらかい「何か」に触れたのだった。それは地球上のあらゆるものよりも心地よかった。夏には夜の散歩の最中に、秋には屋根裏部屋から「何か」を思慕して空を見上げた。この広い宇宙のどこかには、「何か」があるに違いない。星が瞬いていた。真冬でもビートルジュース”Betelgeuse”の揺れる光は暖かく、道を照らしていた。
宇宙の昼間に麦酒グビ。かなりサンデイに季節は廻り、「何か」との邂逅は一万年も昔のことのように、また一万年先に起こることのように感じていた昼下がりのうたた寝で「何か」の夢を見た。この思慕、執着は名づけることができないものだから、曖昧なままで始まりも終わりもしない。その間も宇宙には光が射したり射さなかったりしていて。
広東語で歌った宇宙の夕暮れにラーメンを食べて、これぞ地球の味だ!故郷の匂いだ!と郷愁に駆られ、宛名のない手紙に「何か」への想いをしたためたが、結局、ハバナイスデーと祈るほかないのだと思う。
それでいて/それだから、私はきっと忘れます。

(『JUNGLE★LIFE』191号掲載「アーティストボイス」より)

今回も京都のSIMPOスタジオでレコーディングからマスタリングまで、すべてしました。
エンジニアの小泉さん(ママスタジヲ)は今回も大活躍してくれて、もう「プロデュース」してもらったようなもんです。
あれ?レコーディング打ち上げ飲み会まだやってないよ!!
よかった、思い出して。
毎度のことながら小泉さんの寿命を削ってしまったので、労をねぎらいます。
チンチン!(イタリア語で「乾杯!」)

おなかのなかみ

収録曲目

1.タクラマカン砂漠
2.大雨降って
3.ベリグー
4.無敵の二人
5.魚は躍る
6.ボレロン
7.テクノロジー
8.えらいこっちゃ騒動
9.辺りは白く
10.テレフォン待ち
11.おもひでロンド

「どのぐらい?」と問われれば、「タクラマカン砂漠で水をあげるぐらい」と答えるけれども、それはたとえばの話で、実際にタクラマカン砂漠に君と二人で行ったら、おそらく僕は君の水をもらうはずである。そういう不甲斐なさにでこでこしてしまう日もあるが、雨上がりの往来を見れば上半身裸にベストを羽織っただけのおっさんが白い犬を散歩しているものだから、ま、いっか、とすっかり恬然、君の声、笑い方、白い手足、細い腰、まぁるいおしりなどを思い出して「ベリグッ!だ」などとひとりごっつ。
 嫌いだった町を好きになったり、満員電車が平気だったりするような心持ちでいた楽勝な日々もあったが、日が翳り影が伸びて消えるようにそんな日々はあっけなく終わり、厚い雲でおぼろ月も消えてしまった。えらいこっちゃ!
 頼んでもいないのに季節は巡る。年の瀬、森森と夜が更けてひとり。忘れたつもりのものたちがなぜかしら蘇る。空から降り続く雪、積もる。
 そんな調子だからせっかく設定した着メロも鳴らないが、手のひらで愛が震えていたこともあったのである。「タクラマカン砂漠で水をあげるぐらい好きだ」と思った日が、確かにあったのだ。
 窓を開け雨上がりの往来を見れば、相変わらず上半身裸にベストを羽織ったおっさんが白い犬を散歩していて。僕はひとり、おもひでロンドを踊るるる。

「おなかのなかみ」はそんなアルバムです。

(『JUNGLE★LIFE』175号掲載「アーティストボイス」より)

京都のSIMPOスタジオというところでレコーディングをしました。
録る前にエンジニアの小泉さん(ママスタジヲ)にいろいろとアドバイスをもらって、詰めました。
レコーディングの間、サトタツは毎日5回はフレスコ(近所のスーパー)に行っていました。
最終日、さぁ!これが終わったら飲みに行く感じだな!とみんなが暗に了解していたのに、サトタツは終わる直前にフレスコで弁当を買ってきて食べ始めました。
そのぐらいです。

無敵の二人

収録曲目

1.無敵の二人
2.おもひでロンド

辺りは白く

収録曲目

1.辺りは白く
2.テレフォン待ち(Live ver.)

ベリグー/えらいこっちゃ騒動

収録曲目

1.ベリグー
2.えらいこっちゃ騒動

モルグモルマルモ

収録曲目

1.モグル空まるく
2.光あれ
3.シンクロナイズドシンクロナイズド
4.青春期少女
5.チカチカ
6.タクラマカン砂漠
7.テレフォン待ち(acoustic ver.)

やたらとおセンチになる人があり、たいへんに迷惑している。
そんなもん、「阿呆か」と言って華麗にスルーすればよいのだけれども、そうもいかないのはそのおセンチマンが二つ年長の先輩だからである。
その日、僕はイーメールをしていた。かわいい人とイーメールをしていた
。 正直なところ、イーメールの相手のかわいい人と僕の間には、共通の話題はほとんどなく、性格もまったく合致しなかったが、顔が好きだったので恋をしそうになっていた。

またその数日前、おセンチマン先輩は交際していた人物から別れを告げられ、一人でいたくないのだ、などと言って、その日、僕に「家に来いよ」と言った。
なので、まぁ、「はい」と言っていたのだけれども、イーメールをしていたら、一緒にかわいい人の家でビデオを観よう、ということになった。
僕が借りていたビデオの返却日が、その日だったのである。
おセンチマン先輩に、チャンスがやってきたこと、「すみませんが今日は…。行けてもめっちゃ遅くなると思うので…」と伝え、かわいい人の家へ行った。
ビデオを観た。
その後、暗い道を二人で散歩した。
いつもはしょうもないドロドロ流れる川が、その瞬間は美しくサラサラ流れていた。
くそみたいな光を垂れ流すペンペラの街灯が、その瞬間はキラキラと二人を照らしていた。

あぁ、楽しい。話すことあんまないけど楽しい。

ビデオの返却なんてもうどうでもいい。延滞料金を払う覚悟はできた…。

と、思っていたら、テレフォンがRing Ring!と鳴った。
おセンチマン先輩だった。

「いまどこ?」
「え?ちょっと散歩してますけど」
「じゃあ、その辺に迎えに行くわ!」
「え?あ、はぁ…」

というわけで、感傷的の邪魔者が来て、かわいい人とバイバイしなくてはならなくなった。
その後もいくつかチャンスはあったものの、ことごとくうまくいかず、結局かわいい人とは何もなかったのでした。

こう書くと、おセンチマン先輩のせいみたいだし、実際僕はおセンチマン先輩のせいだと思っていたが、そういえばあの日一緒に観たビデオはケン・ローチ監督の「マイ・ネーム・イズ・ジョー」というイギリスの労働者階級のアル中のDVの話だったと思いだした。
まったく、すべて当時の自分のせいだったのかもしれない、と思い直し、おセンチマン先輩に「いままでごめん」と伝えるべく、僕は外套を羽織って、いまはまた別のところのしょうもないドロドロ流れる川を渡った。

そんなアルバムです。

テレフォン待ち e.p.

収録曲目

1.テレフォン待ち
2.ストライド
3.恐怖! 血のしたたるトンネル!!
4.うんこ女(acoustic ver.)

着うたを設定して、着信すればよいけれども、一向に着信する気配がない、というのは、誰も私に用がないから電話しないから。
大事なことや本当のことを言わない臆病な性質のせいかもしれないが、いや、待てよ。逆に本当のことばかりだだ漏れにしてきたツケが回ってきたのかもしれない。
自分がどう思うか、常に発言をだだ漏れに設定していたので、もしかすると周囲の人びとはこれを鬱陶しく思っていたのかもしれない。
と、いうことで、自分をサイレントモードに設定したら、めでたく着信があったが、「どうせ鳴らないのなら期待するだけ寂しい」と、携帯もサイレントモードにしていたため、出られませんでした。すみません。
これからはいつも鳴るようにしておくので、電車などの公共スペースでボコられるかもしれないね。

これはRAGというスタジオで録ってもらって、綺麗な仕上がり。満足。
ちなみに「テレフォン待ち」の「ユー、ガッ!フッフゥ!」を唄うと眠気が吹き飛ぶらしいです。ガムより効きます。確かな筋からの情報です。
エビバデ、セイ!
ユー、ガッ!フッフゥ!

more info

more info

JUNGLE LIFE

2017.05.18(Thu)
西院・ネガポジ(藤谷弾き語り)

open 18:30 / start 19:30
adv. ¥1500 / door ¥1800
出演:藤谷祐太(モルグモルマルモ)、フテハリ、ニシムラウト(ユームラウトfrom東京)
*藤谷の弾き語りです。モルグモルマルモのバンドでの出演はありません。

2017.06.10(Sat)
東京・新宿JAM

膀胱チョップ&GIG&新宿JAM PRESENTS
「膀胱ナイト!お江戸討ち入りの巻き・19」
open 15:30 / start 15:45
adv. ¥2000 / door ¥2500
出演:モルグモルマルモ、膀胱チョップ(大阪)、死殺団(京都)、ハンズクラップギャング (東京)、中出し少年(東京)、代官山パンク日和(東京)&more
*関西のライブシーンにおいて、他に追随を許さない、ヘンタイ系とゆうジャンルにおいて、堂々と殿堂入りしている、熟女2人組みバンド膀胱チョップとGIGが織り成す、めくるめく異次元ワールド満載のイベントの19回目です。いつもどおり楽しいステージパフォーマンスのできるバンドもいっぱいです。膀胱姉さんによるトランプ恋占いブースも大人気!

2017.07.15(Sat)
東京・新宿red cloth

「奇天烈大発火!!」
open 17:30 / start 18:00 / act 20:40
adv. ¥2300 / door ¥2800
出演:モルグモルマルモ、House In Palais、ペチコート、808 overdrive、Nicetime Workerz(福井)、TigermilkNicetime Workerz(福井)